Day: October 17, 2020

キヤノン、望遠鏡型カメラPowerShot ZOOMとEOS Kiss M2 – CNET Japanキヤノン、望遠鏡型カメラPowerShot ZOOMとEOS Kiss M2 – CNET Japan

 キヤノンは10月14日、エントリークラスのミラーレスカメラ「EOS Kiss M2」と望遠鏡型カメラ「PowerShot ZOOM」を発表した。 望遠鏡型カメラ「PowerShot ZOOM」  EOS Kiss M2は、2018年3月に発売した「EOS Kiss M」の後継機種。充実した基本性能の継承と、AF性能や動画撮影機能および、操作性の向上によりカメラ初心者でも本格的な撮影を手軽に楽しめるエントリークラスのミラーレスカメラになっているという。  具体的には、各画素が撮像と位相差AFの両方の機能を兼ねる「デュアルピクセルCMOS AF」の搭載により高速・高精度なAFを実現。AF追従で最高約7.4コマ/秒、AF固定で最高約10コマ/秒の高速連写性能と、動く被写体の瞳を検出してピントを合わせるサーボAF/動画サーボAF対応の「瞳検出」により、動いている人物も快適に撮影できるようになっている。  また、有効画素数約2410万画素のAPS-Cサイズ CMOSセンサーと映像エンジンDIGIC 8の組み合わせにより、高画質な静止画だけでなく、4Kの高精細な動画撮影にも対応。4K動画から任意の1フレームを静止画として切り出して保存もできる。  タッチ操作対応のバリアングル液晶モニターや、約236万ドット有機ELの電子ビューファインダー(EVF)を備えたほか、同社初の搭載となる「タップで被写体選択」機能により、EVF内に表示されている顔/瞳を対象としたAFフレームの位置を、液晶モニターをタップすることで簡単に切り替えることが可能。  対応マウントは「キヤノンEF-Mマウント」で、対応レンズは、EF-M、EF、EF-Sレンズ群(一部、マウントアダプター EF-EOS Mが必要なほか、RFマウントレンズは使用不可)。  シャッター速度は、1/4000〜30秒(すべての撮影モードを合わせて)。ISO感度は、ISO 100〜25600手動設定(1/3段ステップ)などに対応。  カラーバリエーションは、ホワイトとブラックの2色を用意。発売は11月下旬を予定。  サイズは、幅116.3mm×高さ88.1mm×奥行58.7mm。重量(本体のみ)は、ホワイトが約351g、ブラックが約350g。  店頭予想価格は、ボディのみが税別7万7000円。EF-M15-45 IS STM レンズキットが税別9万2000円。ダブルズームキットが税別11万5000円。ダブルレンズキットが税別10万8000円。  望遠鏡型カメラ「PowerShot ZOOM」は、双眼鏡やデジタルカメラ、ビデオカメラの特徴を組み合わせ、1台で「観る」と「撮る」を楽しめる新コンセプトのデジタルカメラ。